やさしい損益計算書の見方・入門 『棚卸作業と経理処理』

棚卸し作業と損益計算書での表示方法について

 在庫を抱える会社では、棚卸し(たなおろし)という作業を行ないます。これは、全ての商品の数量を数えると同時に品質などもチェックします。地味な作業で時間がかかります。そして、帳簿の数量と照らし合わせて合致しているかどうか調べます。合っていればいいですが、そう甘くはありません。数が減っているものは、棚卸減耗費(棚卸減耗損)という科目で処理します。仕入れた時よりも、時価が下がった場合は、商品評価損という科目で処理します。図を使って簡単に説明したいと思います。仕訳は難しいので、別の所で説明したいと思います。まずは、全体のイメージと金額の算出方法、損益計算書での表示方法を学んでいきたいと思います。

スポンサードリンク

棚卸し作業と表示方法記事一覧

棚卸減耗費

棚卸しとは? お店や倉庫など、定期的に実際の商品の数を全て数えます。そして、帳簿上の数と照らし合わせます。また、品質の低下が無いかも確認します。これが棚卸し(たなおろし)です。大きな所ですと、コンピューター上で在庫を管理しています。簿記の資格試験の問題では、決算に棚卸しをして期末棚卸高を求める事が多...

≫続きを読む

 

商品評価損

商品評価損とは? 仕入れた時の商品の価値が、時が経つうちに下がっている場合があります。その時は、原価ではなく、その時の時価で評価します。その時に処理する科目が商品評価損です。(時価が大きい時は時価ではなく原価で評価します。)棚卸減耗費と同じく費用科目です。例題棚卸減耗費、商品評価損、貸借対照表の商品...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ