やさしい損益計算書の見方・書き方 入門 『経営者、経理事務、日商簿記2級、3級合格目標の方へ』

損益計算書の見方

 損益計算書は、一番上が売上高です。そこから、色々なものを引いていきます。最終的に残ったものが、当期純利益です。上の方から、下へ向かっていきます。途中に、色々な利益が出てきます。粗利益と言われる売上総利益、そこから、本業活動から生じた収益や費用を足したり引いたりして、営業利益が出ます。そこから、本業以外の取引から生じる収益や費用を足したり引いたりして、経常利益が出ます。そして、経常利益からさらに、臨時的に生じた特別利益や特別損失を足したり引いたりして、税引前当期純利益が出ます。そして、法人税等などを引いて、最終的な当期純利益が出ます。

 

 ⇒利益の種類についての詳しい説明はこちら

 

 

損益計算書の全体像は、下の図のようになります。
 

 

少し見づらいですが、このような感じになります。

 

 

 

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ