やさしい損益計算書の見方・入門 『売上総利益』

売上原価 売上総利益 粗利について

売上総利益とは?

 簡単に説明すると、売上高から売れたものの原価を引いたものが売上総利益です。よく粗利(あらり)と言ったり、粗利益(あらりえき)と言っているものです。例題を用意しましたので、考えてみましょう。

 

例1)500円の商品を買ってきました。そして、800円で売れました。利益はいくらでしょうか?簡単ですね。利益は300円です。この300円が、売上総利益です。いわゆる粗利益というものです。(前期末、当期末の在庫、その他の費用は無いものと考える)

 

 

解答の手順

 

 例題が簡単だったので、頭で計算できますが、実際の問題はこんなに簡単ではありません。まず、このような四角を書きます。左上が期首、左下が仕入れ、右上が売上原価、右下が期末です。この並び方は不変です。

 

※略してますが、期首は期首商品棚卸高のことで、期末は期末商品棚卸高のことです。

 

 

 

 売上原価を考える時に、こういった四角をよく書くようになります。左側は仕入れた部分です。右側が売れた部分です。この例では在庫は無いものと考えています。今回初めて500円の商品を買ってきて、完売しました。

 

 

 

 

 

 

 そして、図にわかる金額を書きます。期首在庫は無いので0です。当期に500円の商品を仕入れました。期末の在庫は無いので0です。売上原価は500円です。

 

 

ポイント

期首+仕入れの金額と、売上原価+期末の金額は同じになります。

 

 

 

 

売上総利益は、800円-500円=300円になります。

 

 

 

売上原価とは?

 売上原価とは、売れた商品の原価です。売れなかった部分というのは在庫になるので、売上原価に含まれません。あくまで、売れた部分に対する原価です。たとえば、期首棚卸高が無いものとして、100円のものを100個仕入れました。80個売れたら、売上原価は8000円です。期末棚卸高は2000円です。

 

 

 

損益計算書に記載しますと、以下のようになります。
1・期首商品棚卸高と当期商品仕入高を足したものを下の合計欄へ記入
2・合計から期末商品棚卸高を引いたものを右の欄へ記入します。これが売上原価の金額になります。
3・売上高から、売上原価を引いたものを下の売上総利益の欄へ記入します。
 

 

 

 

 

では、在庫がある例を考えてみましょう。

 

例2)前期に売れ残った在庫が金額にして350円あります。当期に新たに金額にして1000円の商品を仕入れました。期末に金額にして200円の在庫が残りました。当期の売上原価と売上総利益はいくらになるでしょう?なお、売上高は2000円でした。

 

解答の手順

 

 例題文からわかる金額を入れていきます。パズルと同じ感覚です。
 
前期末に残った在庫=当期の期首の在庫になります。

 

図の左側の合計と右側の合計は一致します。引き算で、売上原価を計算することができます。

 

 

 

 

期首350円+当期仕入高1000円=1350円
期末が200円だったので、1350円-200円=1150円
よって、売上原価が1150円ということがわかります。

 

 

売上総利益は?

売上高は例題文によると、2000円ということがわかります。
よって、2000円-1150円=850円

 

850円が売上総利益です。

 

損益計算書に書くとこんな感じです。

 

 

スポンサードリンク

売上総利益 粗利関連ページ

営業利益
営業利益について
経常利益
経常利益について
税引前当期純利益
税引前当期純利益について
当期純利益
当期純利益について

ホーム RSS購読 サイトマップ