やさしい損益計算書の見方・入門 『経常利益』

経常利益について

経常利益とは?

 経常利益は、営業利益から、営業外収益を足して、営業外費用を引いたものになります。経常という言葉の意味は、辞書で調べると、常に一定して変わらないこととあります。つまり、いつもの日常的な活動という意味があります。

 

 営業外収益と営業外費用とは、会社の主な営業内容から外れた取引になります。主に、有価証券の売買や、銀行からの借入れから生じる利益や費用になります。具体的には以下のものがあります。

 

営業外収益

受取利息、有価証券利息、有価証券売却益、有価証券評価益、仕入割引 など

 

営業外費用

支払利息、社債利息、売上割引、有価証券売却損、有価証券評価損、社債発行費償却 など

 

 

損益計算書に記載しますと、以下のようになります。

営業利益から、営業外収益を足して、営業外費用を引いたものが経常利益になります。

仮に、営業利益が59000円だとします。
営業外収益の合計を右の欄へ書きます。
営業外費用の合計を右の欄へ書きます。
営業利益から、営業外収益の合計を足して、営業外費用の合計を引きます。
そして、その下の、経常利益の欄へ金額を書きます。

 

営業利益59000円+営業外収益800円-営業外費用400円=経常利益59400円

 

 

 

 

営業外収益は足す。営業外費用は引く。足したり引いたりするのを間違わなければ大丈夫です。

 

 

スポンサードリンク

経常利益 経常的な利益関連ページ

売上総利益
売上総利益について
営業利益
営業利益について
税引前当期純利益
税引前当期純利益について
当期純利益
当期純利益について

ホーム RSS購読 サイトマップ