やさしい損益計算書の見方・入門 『営業利益』

営業利益について

営業利益とは?

 売上総利益から、販売費及び一般管理費を引いた金額が営業利益です。商売をしていると色々な経費が発生します。粗利益からそれらを引いたものが、営業利益です。本業の儲けとも言います。会社の主となる営業活動から生まれた利益です。

 

販売費及び一般管理費とは?

 お店をやるのにテナントを借りたら家賃がかかりますし、従業員を雇ったら給料を支払います。電気や水道などを使えば、水道光熱費がかかります。その他、広告を出せば広告宣伝費がかかったり、商売をしていく上で色々な経費がかかります。そういったものが、販売費及び一般管理費です。いわゆる必要経費です。以下の勘定科目が、販売費及び一般管理費です。

販売費及び一般管理費

給料、広告宣伝費、支払保険料、支払家賃、水道光熱費、旅行交通費、減価償却費、租税公課、貸倒引上金繰入


など他にもあります。

 

 それぞれの勘定科目については、後ほど説明したいと思います。勘定科目を覚えて、仕訳を覚えるのが一番大変だと思います。仕訳が出来て、金額さえ算出できれば、後は損益計算書に記載するだけです。

 



損益計算書に記載しますと、以下のようになります。

売上総利益から、販売費及び一般管理費を引いた金額が、営業利益です。

 

 

 

 販売費及び一般管理費に、旅費交通費500円と減価償却費750円があったとします。この二つを足したものを、右側に書きます。そして、売上総利益から引いて、その下の営業利益の金額欄に書きます。

 

 

営業利益は理解できたでしょうか?難しい単語が色々と出てきますが、少しずつ覚えていきましょう。

スポンサードリンク

営業利益 本業からの利益関連ページ

売上総利益
売上総利益について
経常利益
経常利益について
税引前当期純利益
税引前当期純利益について
当期純利益
当期純利益について

ホーム RSS購読 サイトマップ