やさしい損益計算書の見方・入門 『利益の種類』

損益計算書 色々な利益

 会社や個人事業など、日々色々な取引があります。そして、事業である以上、利益を上げなければなりません。利益と言っても色々な利益があります。それらについて詳しく説明していきたいと思います。具体的な名前をあげますと、売上総利益営業利益経常利益税引前当期純利益当期純利益があります。こういった単語は、暗記して覚えるようにしてください。英語であれば、英単語を覚える感じです。それと、色々な勘定科目も出てきますが、簿記をやる以上覚えないといけません。言語と同じです。日本人が日本語を覚えるのと同じです。プログラマーであれば、プログラム言語を覚えるのと同じです。覚えないと出来ません。初めての人は辛いと思いますが頑張りましょう!!図を交えながら説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

利益の種類記事一覧

売上総利益 粗利

売上総利益とは? 簡単に説明すると、売上高から売れたものの原価を引いたものが売上総利益です。よく粗利(あらり)と言ったり、粗利益(あらりえき)と言っているものです。例題を用意しましたので、考えてみましょう。例1)500円の商品を買ってきました。そして、800円で売れました。利益はいくらでしょうか?簡...

≫続きを読む

 

営業利益 本業からの利益

営業利益とは? 売上総利益から、販売費及び一般管理費を引いた金額が営業利益です。商売をしていると色々な経費が発生します。粗利益からそれらを引いたものが、営業利益です。本業の儲けとも言います。会社の主となる営業活動から生まれた利益です。販売費及び一般管理費とは? お店をやるのにテナントを借りたら家賃が...

≫続きを読む

 

経常利益 経常的な利益

経常利益とは? 経常利益は、営業利益から、営業外収益を足して、営業外費用を引いたものになります。経常という言葉の意味は、辞書で調べると、常に一定して変わらないこととあります。つまり、いつもの日常的な活動という意味があります。 営業外収益と営業外費用とは、会社の主な営業内容から外れた取引になります。主...

≫続きを読む

 

税引前当期純利益

税引前当期純利益とは? 税引前当期純利益とは、経常利益に、特別利益を足して特別損失を引いた金額になります。 主に、火災が発生したり固定資産を売却したりと、臨時的、異常的な状況から発生した利益や損失になります。特別利益や特別損失は以下のものがあります。特別利益固定資産売却益、保険差益 など特別損失固定...

≫続きを読む

 

当期純利益 最終的な利益

当期純利益とは? 当期純利益は、税引前当期純利益から各種税金を引いた金額になります。この金額が、最終的な利益になります。税金には、法人税や住民税、事業税などがあります。損益計算書に記載しますと、以下のようになります。税引前当期純利益59800円−法人税等23920円=当期純利益35880円赤丸の部分...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ